JPXサービスデスク
申請手続きFAQ/システム仕様・障害FAQ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

メールフォーム

JPXサービスデスク(申請窓口)
受付時間: 営業日 9:00~18:30
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(回線障害窓口)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3819-1030
Email: arrownet_support@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(arrowhead/ToSTNeT)
受付時間: 営業日 7:00~18:30
TEL: 050-3822-8882
Email: arrowhead@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(J-GATE)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 0570-005-554 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1140)
Email: j-gate@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(清算)
受付時間: 営業日 9:00~17:00
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
  • No : 1675
  • 公開日時 : 2016/03/01 17:40
  • 更新日時 : 2018/10/10 15:07
  • 印刷

【J-GATE】 DQ124の差分クエリはどのように実行するのですか

DQ124の差分クエリはどのように実行するのですか。
 
カテゴリー : 

回答

以下のとおりです。
(J-GATE接続仕様解説書の「7.1.2.3 差分クエリ」の「DQ124 の差分クエリにおけるDRN とタイムスタンプの設定例」にも記載がございますので、ご参照ください)
 
〔1〕全銘柄情報取得時において、最後にクエリした際のアンサー(DA124)の構造体37001のダウンロード・リファレンス番号(download_ref_number_q)と処理時刻(full_answer_timestampのtv_secとtv_nsec)を保持しておく。
 
〔2〕DQ124のdownload_ref_number_qに保持していたダウンロード・リファレンス番号に1を加えた値を、tv_secとtv_nsecに保持していた処理時刻をそれぞれ指定し、セグメント番号も指定してクエリを実行する。
 
〔3〕アンサー(DA124)のセグメント番号が"0"になるまでクエリを実行し、最後にクエリした際のアンサー(DA124)の構造体37001のダウンロード・リファレンス番号(download_ref_number_q)と処理時刻(full_answer_timestampのtv_secとtv_nsec)を保持しておく。
 
以降、〔2〕と〔3〕を繰り返す。
 
 
なお、BU124の情報も取り込む場合は、以下の処理を加える。
 
〔4〕ブロードキャストで受信したBU124の情報を適切に処理した上で、最終レコードのダウンロード・リファレンス番号(download_ref_number_q)を保持しておく。
 
〔5〕DQ124のdownload_ref_number_qに保持していたダウンロード・リファレンス番号(上記BU124にて取得)に1を加えた値を、tv_secとtv_nsecに保持していた処理時刻(上記BU124以前の差分クエリにて取得)をそれぞれ指定し、セグメント番号も指定してクエリを実行する。
 
〔6〕アンサー(DA124)のセグメント番号が"0"になるまでクエリを実行し、最後にクエリした際のアンサー(DA124)の構造体37001のダウンロード・リファレンス番号(download_ref_number_q)と処理時刻(full_answer_timestampのtv_secとtv_nsec)を保持しておく。
 
以降、〔5〕と〔6〕を繰り返す。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問合せを入力されましてもご返信はいたしかねます