JPXサービスデスク
申請手続きFAQ/システム仕様・障害FAQ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

メールフォーム

JPXサービスデスク(申請窓口)
受付時間: 営業日 9:00~18:30
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(回線障害窓口)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3819-1030
Email: arrownet_support@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(arrowhead/ToSTNeT)
受付時間: 営業日 7:00~18:30
TEL: 050-3822-8882
Email: arrowhead@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(J-GATE)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 0570-005-554 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1140)
Email: j-gate@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(清算)
受付時間: 営業日 9:00~17:00
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
  • No : 1855
  • 公開日時 : 2018/03/24 13:00
  • 印刷

[画面ヘルプ] J-GATEユーザID設定票

[画面ヘルプ] J-GATEユーザID設定票
カテゴリー : 

回答

 
1: 編集
J-GATEユーザID設定情報の編集を行います。
 
2: 発注商品パーティション一覧
発注商品パーティションに関する説明のPDFファイル。
 
3: CSV取込
CSV形式のファイルをインポートして、登録できます。
※CSVのフォーマットについてはarrowface操作マニュアルを参照ください。
 
4: CSV出力
J-GATEユーザID設定票をCSV形式で出力します。
 
5: ユーザID
J-GATEユーザIDを入力します。
※半角大文字英数で入力ください。
 
6: ユーザタイプ
J-GATEユーザIDのタイプを選択します。
 
7: TAP区分
OSE本番環境の時にTAP区分を選択します。
なお、ユーザタイプが『TradeGuard』の場合は「共用TAP」のみとなります。
 
8: 自動キャンセル
自動キャンセル要否を選択します。
 
 
9: TAP情報
任意項目です。TAP情報(Primary)のホスト名、port番号を入力します。
 
10: 発注商品(P:パーティション)
発注商品パーティション一覧をご確認いただき、注文可・注文不可を選択します。
 
11: 最終投資家
ユーザIDを占有する利用者がいる場合、当該最終投資家名を入力します。
上記にあたらない場合は自社扱いとなります。(個人投資家を含みます)
 
12: 高速取引形態
ユーザID毎に高速取引の利用形態を選択します。
 
13: LLTコード
高速取引形態が「専有」「共有」の場合、高速取引行為を行う者の登録番号を5桁の半角数字で入力します。なお、複数該当する場合は主たるものを入力してください。
 
 
14: MM専用自己・委託区分
ユーザタイプがMMの場合、自己・委託区分を選択します。
 
15: IDの用途
ユーザIDの使用用途を選択します。
 
16: NW情報 回線ID
接続回線を選択・入力します。
 
17: NW情報 参加者システムの設置場所
参加者システムの設置場所を入力します。
 
 
18: 使用システム情報 システム区分
「自社開発」「共同システム」「端末」「ベンダーシステム」から選択します。
 
19: 使用システム情報 システム・サービス名等
使用システムの端末名・システム名・サービス名等を入力します。
 
20: 使用システム情報 提供会社・共同システム会社
使用するシステムの提供会社名・共同システム会社名を入力します。
 
21: 使用システム情報 APIKIT
使用するシステムのAPIKITを選択します。
 
22: テスト開始予定日
カレンダボタンを1回クリックして、テストの開始予定日を入力します。
yyyy/mm/dd形式で直接入力することも可能です。
※テスト開始予定日は、システム関連情報提供サイトに掲載されている「ユーザ接続テスト実施要領」記載のテスト実施日を指定してください。
※テスト開始予定日には土日祝日のみ入力可能です。テスト系の場合、テストを開始したい日から直前の土日祝日を入力してください。
 
23: 本番稼働希望日
カレンダボタンを1回クリックして、本番稼働希望日を選択します。
yyyy/mm/dd形式で直接入力することも可能です。
 
 
24: LLTコード2 ~ LLTコード10
高速取引形態が「共有」の場合、共有する高速取引行為を行う者の登録番号を5桁の半角数字で入力します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問合せを入力されましてもご返信はいたしかねます