• No : 3604
  • 公開日時 : 2017/10/02 09:00
  • 印刷

回線疎通テスト

回線疎通テスト [かいせんそつうてすと / Network Connectivity Test ]
カテゴリー : 

回答

arrownet敷設後、利用者とSP間の正常性(到達性)を確認するために回線疎通テストを実施しています。以下の種類の疎通テストがあります。

■arrownet疎通テスト
利用者ルータの監視状況の確認や障害時の復旧確認などを含む、正常性を確認するテストのことです。
対象SPはJPX(本番・テスト)となります。基本的には月~木曜日に実施可能です。

■簡易疎通テスト
利用者から簡易疎通テスト用IPアドレスにPingを行い、正常性を確認するテストのことです。
arrownet疎通テスト当日までに実施していただくことをお願いしています。

■SP疎通テスト
疎通テスト時間帯に、arrownetから利用者宛てにPingを行い、正常性を確認するテストのことです。
対象SPは機構(本番・テスト)、TFX(本番・テスト)、TOCOM(本番・テスト)となります。
基本的には月・木曜日に実施可能です。

詳細については、システム関連情報提供サイトに掲載の回線疎通テストのご案内をご参照ください。

・システム関連情報提供サイト
URL:https://faqsd.jpx.co.jp/faq/show/2049?site_domain=jp_system_documents

 ・【arrownet】回線疎通テストのご案内