JPXサービスデスク
申請手続きFAQ/システム仕様・障害FAQ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

メールフォーム

JPXサービスデスク(申請窓口)
受付時間: 営業日 9:00~18:30
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(回線障害窓口)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3819-1030
Email: arrownet_support@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(arrowhead/ToSTNeT)
受付時間: 営業日 7:00~18:30
TEL: 050-3822-8882
Email: arrowhead@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(J-GATE)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 0570-005-554 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1140)
Email: j-gate@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(清算)
受付時間: 営業日 9:00~17:00
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
  • No : 8783
  • 公開日時 : 2020/06/08 09:00
  • 印刷

arrownetクラウド接続では、従来のarrownet v2回線と比較してどのようなデメリットがあるのか教えてください。

arrownetクラウド接続では、従来のarrownet v2回線と比較してどのようなデメリットがあるのか教えてください。
カテゴリー : 

回答

主なデメリットは以下のとおりです。

・クラウドの利用に際して利用者責任においてクラウドのセキュリティ対応を適切に実施いただく必要がある。

・従来のarrownet v2回線のように1本の物理回線を用いて、本番系・テスト系・SP用等の共有利用ができないため、本番系・テスト系で1本ずつ利用する際は2本分申請いただく必要が生じる。

・テスト系の場合は、AWSによるDirectConnectのメンテナンス期間は利用不可となる。

・現在、選択できるアクセスポイントがAP3に限られる。

・現在、本番系では利用できない。

・マルチキャスト(FLEX・ITCH)やSP回線では利用できない。

・選択できる帯域は、1Mから100Mまでに限られる。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問合せを入力されましてもご返信はいたしかねます