JPXサービスデスク
申請手続きFAQ/システム仕様・障害FAQ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

メールフォーム

JPXサービスデスク(申請窓口)
受付時間: 営業日 9:00~18:30
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(回線障害窓口)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3819-1030
Email: arrownet_support@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(arrowhead/ToSTNeT)
受付時間: 営業日 7:00~18:30
TEL: 050-3822-8882
Email: arrowhead@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(J-GATE)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 0570-005-554 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1140)
Email: j-gate@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(清算)
受付時間: 営業日 9:00~17:00
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
  • No : 882
  • 公開日時 : 2019/09/29 09:00
  • 印刷

[画面ヘルプ] 清算システム利用申請

[画面ヘルプ] 清算システム利用申請
カテゴリー : 

回答

 
1. arrownet
ドロップダウンリストより申請を行いたいarrownet回線ID+SP回線IDを選択します。
なお、OTC及びレンジ割当利用削除申請の場合は、「清算システム利用一覧」画面で選択した回線IDが表示されます。
 
2. 開始/変更/削除希望日
カレンダボタンを1回クリックして、開始/変更/削除希望日を選択します。yyyy/mm/dd形式で直接入力することも可能です。
※台数追加が可能となる日は、申請確定後、約2~4週間後です。
 
3. 上場現物清算/TOCOM清算 CMF端末(TOCOM)
標準端末として清算システムを利用するPCの希望台数を数字で入力します。
JPX回線で、上場派生清算/上場担保管理端末とCMF端末を共用する場合は、チェックを入れます。
※CMF端末/直結サーバの利用台数は1回線あたり合計22台を超えないようにしてください。
 
4. 上場現物清算/TOCOM清算 直結サーバ
清算直結用としてIPアドレスが必要なサーバ等(清算直結用サーバや自社開発端末)の希望台数を数字で入力します。
※CMF端末/直結サーバの利用台数は1回線あたり合計22台を超えないようにしてください。
 
5. 上場現物清算/TOCOM清算 MKT端末
MKT端末として清算システムを利用するPCの希望台数を数字で入力します。
 
6. 上場現物清算/TOCOM清算 NWプリンタ端末
ネットワークプリンタ等、arrownet接続LAN用にIPアドレスが必要な機器の希望台数を数字で入力します。
(arrownet接続用ルータは除く)
 
7: 清算SSO端末
清算SSO端末を利用する場合に、希望する割当利用を選択し、利用するPCの希望台数を数字で入力します。
※清算SSO端末の利用台数は1回線あたり合計20台を超えないようにしてください。
20台以上のご利用を希望する場合は、IT開発部清算システム担当にご相談ください。
※「レンジ割当利用」⇒「IPアドレス割当利用」を切り替える場合は、利用台数が引き継がれません。
IPアドレス割当利用方式で利用する台数を入力いただく必要がありますので、ご注意ください。
 
8: 上場派生清算 直結サーバ
上場派生清算直結用としてIPアドレスが必要なサーバ等(清算直結用サーバや自社開発端末)の希望台数を数字で入力します。
 
9: 上場担保管理 直結サーバ(JClear)
上場担保管理直結(JClear)用としてIPアドレスが必要なサーバ等(JClearサーバや自社開発端末)の希望台数を数字で入力します。
 
10. OTC清算 OTC端末
OTC清算システムの端末として利用するPCの希望台数を数字で入力します。
 
11. OTC清算 直結サーバ(JClear)
JClearサーバの希望台数を数字で入力します。
 
※清算参加者様の申請の場合
JClearサービス接続に利用できる受信用IPアドレス(論理)は、1参加者あたり1IPアドレスのみとなります。
◎既に別の回線でJClearサービスを利用されている場合は重複しての申請ができません。
 
※事業者様(JClear ATS利用)の申請の場合
JClear ATSに同時に接続できる受信用IPアドレス(論理)は、1事業者あたり1IPアドレスのみとなります。
◎バックアップの際に別拠点から接続する構成の場合は、その旨と、バックアップ用回線IDを特記事項に入力ください。
◎既に別の回線でJClear ATSを利用されている場合は重複しての申請ができません。
 
12. 国債清算 国債清算端末
国債清算システム向けWeb端末として清算システムを利用するためのIPの追加希望数を数字で入力します。
※国債清算システムで利用可能なIP数は、1参加者様あたり全回線合計 5 IPまでとなります。
 
13. 特記事項欄
特記事項がありましたら入力します。
※申請するお客様と利用するお客様が異なる場合には、「利用参加者名称」と「利用参加者ごとの端末台数」
を入力ください。
 
 
下表の範囲より各清算システムの接続元IPアドレスを割り当てます。
 
 
・上記は各清算システムごとのIPアドレスを確保するために割り当てを行うものであり、
実際に使用可能なIPアドレスは別途提示するものとします。
(OTC端末、OTCシステム直結サーバ、上場担保管理システム直結サーバは除く)
・予備については、必要に応じて各利用システムへ割り当てを行います。
割り当てを行った際にはご提示いたします。
 
※arrownet version2.0ガイドライン【ネットワーク接続_JPX編】「6.3.1 IPアドレス割当て(LAN)」の
「パターン1 arrownet割当て方式」を採用した割当ての場合。
 
 
TOCOM清算システムのIPアドレスは、以下のレンジから割り当ていたします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問合せを入力されましてもご返信はいたしかねます