JPXサービスデスク
FAQサイト(申請手続き/システム仕様・障害FAQ)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

JPXサービスデスク連絡先

申請窓口
受付時間: 営業日 9:00~18:30
TEL: 050-3819-1070
Email: servicedesk@jpx.co.jp
回線障害窓口
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3819-1030
Email: arrownet_support@jpx.co.jp
arrowhead/ToSTNeT窓口
受付時間: 営業日 7:00~18:30
TEL: 050-3822-8882
Email: arrowhead@jpx.co.jp
J-GATE窓口
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3822-8900
Email: j-gate3@jpx.co.jp
清算窓口
受付時間: 営業日 9:00~17:00
TEL: 050-3819-1076
Email: servicedesk_clearing@jpx.co.jp
こちらのサイトでは、JPXの各システムの仕様や申請に関するFAQ及びJPXサービスデスクの各窓口の連絡先を掲載しております。

Info&News

『 た行 』 内のFAQ

22件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • タイプHH

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。JASDEC接続サービスにおいて、加入者情報Webを利用できます。振替・決済は利用できません。2Mbps以上の回線は利用不可となっています。 詳細表示

    • No:7977
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • 取下げ申請

    arrowfaceにおいて一度申請した内容をキャンセルする機能です。申請が承認される前にのみ有効となります。申請の進捗状況により、工事費用等が発生してしまう場合があります。また、申請の進捗状況によっては取下げが不可能な場合があり、その場合は取下げ申請自体がJPXにより否認されます。 詳細表示

    • No:1128
    • 公開日時:2019/11/18 09:00
  • TAP

    TAPとはJ-GATEのネットワークゲートウェイ(以下、NG)サーバを論理的に独立させた、複数のプロセスのことです。各クライアントシステムがarrownet経由でNGに接続し、セントラルシステムと通信します。 詳細表示

    • No:6901
    • 公開日時:2019/07/08 09:00
  • タイプD

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。 JPX接続サービスにおいて、デリバティブ取引(J-GATE/ITCH/清算/Target/コンプライアンスWAN/TDNet/TMI/J-NETポータル)を利用できるタイプです。 arrowhead、ToSTNeT、FLEXは利用できません。 詳細表示

    • No:1163
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • タイプE

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。 JPX接続サービスにおいて、現物取引(arrowhead/ToSTNeT/FLEX/清算/Target/コンプライアンスWAN/TDNet/TMI)を利用できるタイプです。 J-GATE、ITCHは利用できません。 詳細表示

    • No:1164
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • タイプF

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。TFX接続サービスにおいて、金利先物等取引と証拠金取引を利用できます。(TFX共通)1Gbps以上の回線は利用不可となっています。 詳細表示

    • No:1165
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • タイプFH

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。TFX接続サービスにおいて、金利先物等取引か証拠金取引のいずれか一方を利用できます。(TFX限定)1Gbps以上の回線は利用不可となっています。 詳細表示

    • No:1166
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • 提供納期

    利用者様が申請内容確定後に申請書を提出してから、そのサービスを利用できるようになるまでの時間を指します。 回線の場合、標準納期は1.5か月(1G回線は3.5か月、10G回線は約4~6か月)となります。 詳細表示

    • No:1170
    • 公開日時:2017/03/06 09:00
  • Target

    JPXが取引参加者や上場会社と書類や情報をやり取りするため運営している電子システムで、JPXの論理回線およびインターネットから接続できます。 現在、Targetは、証券界の共通インフラとして、日本証券金融、証券保管振替機構、日本証券クリアリング機構、日本国債清算機関でも利用しています。 詳細表示

    • No:1357
    • 公開日時:2016/07/29 16:07
  • タイプA

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。 JPX接続サービスにおいて、全システムを利用できるタイプです。(総合取引) 詳細表示

    • No:1161
    • 公開日時:2019/12/09 09:00

22件中 1 - 10 件を表示