JPXサービスデスク
申請手続きFAQ/システム仕様・障害FAQ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

メールフォーム

JPXサービスデスク(申請窓口)
受付時間: 営業日 9:00~18:30
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(回線障害窓口)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 050-3819-1030
Email: arrownet_support@jpx.co.jp
JPXサービスデスク
(arrowhead/ToSTNeT)
受付時間: 営業日 7:00~18:30
TEL: 050-3822-8882
Email: arrowhead@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(J-GATE)
受付時間: 0:00~24:00
TEL: 0570-005-554 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1140)
Email: j-gate@jpx.co.jp
JPXサービスデスク(清算)
受付時間: 営業日 9:00~17:00
TEL: 0570-064-054 ※有料
(IP電話 からは、050-3819-1070)
Email: servicedesk@jpx.co.jp

Info&News

『 用語集 』 内のFAQ

130件中 91 - 100 件を表示

10 / 13ページ
  • ユニキャスト

    1対1で通信する方式です。お互いが受信した送信したという情報を送り合うことで1電文ずつ確実に送達確認を行うことができます。arrownetではarroheadやToSTNeT、清算にて使用しています。 詳細表示

    • No:1187
    • 公開日時:2019/11/18 09:00
  • 提供納期

    利用者様が申請内容確定後に申請書を提出してから、そのサービスを利用できるようになるまでの時間を指します。 回線の場合、標準納期は1.5か月(1G回線は3.5か月、10G回線は約4~6か月)となります。 詳細表示

    • No:1170
    • 公開日時:2017/03/06 09:00
  • タイプI

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。 JPX接続サービスにおいて、相場受信(FLEX/ITCH/Target/コンプライアンスWAN/TDNet/TMI)を利用できます。 2Mbps以上の回線から利用できます。 arrowhead、ToSTNeT、J-GATE、清算は利用できません。 詳細表示

    • No:1168
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • タイプE

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。 JPX接続サービスにおいて、現物取引(arrowhead/ToSTNeT/FLEX/清算/Target/コンプライアンスWAN/TDNet/TMI)を利用できるタイプです。 J-GATE、ITCHは利用できません。 詳細表示

    • No:1164
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • タイプA

    arrownet利用区分(利用タイプ)の一つです。 JPX接続サービスにおいて、全システムを利用できるタイプです。(総合取引) 詳細表示

    • No:1161
    • 公開日時:2019/12/09 09:00
  • CEルータ

    利用者拠点またはコロケーション/プロキシミティエリアに設置する利用者様のルータ、またはL3スイッチを指します。利用者拠点に設置するCEルータはarrownet v2との接続に使用します。コロケーション/プロキシミティエリアに設置されるCEルータは、内部接続回線及び外部接続回線との接続に使用します。 詳細表示

    • No:1147
    • 公開日時:2019/11/18 09:00
  • 工事区分

    回線をビルに敷設する際に、キャリアがどこまで工事するかを指定するための区分です。 詳細表示

    • No:1143
    • 公開日時:2019/11/18 09:00
  • キャリア回線ID

    各キャリアが、どの利用者様に提供しているか、どの回線なのかを管理するためのIDです。回線増速や終端場所変更等で回線を変更するとIDが変わる可能性があります。 詳細表示

    • No:1141
    • 公開日時:2019/11/18 09:00
  • MPLS網

    フレームやパケットの頭にラベルと呼ばれる識別子を付加して転送を行うことにより、IPアドレス参照方式よりも通信の高速化や機能の付加を図る技術のことを指します。 arrownet v2では論理分割をすることで、JPX以外にも証券保管振替機構、東京金融取引所、東京商品取引所への接続を可能にしています。 詳細表示

    • No:1136
    • 公開日時:2016/07/29 16:07
  • IGMP

    マルチキャスト通信を受信するために構成されるマルチキャストグループを制御するためのプロトコルです。 詳細表示

    • No:1133
    • 公開日時:2019/11/18 09:00

130件中 91 - 100 件を表示